ブログ アーカイブ
open all | close all
カテゴリー
open all | close all
ブログロール
自己紹介

京都精華大学 版画コースのブログです。 版画コースの授業やコース関係者の展覧会情報、様々なイベントをご紹介します。また、版画技法についても簡単な説明をしています。

SEIKA HANGA BLOG QRコード
携帯から見る
StatPress
Visits today:
Total visits:

RSSこのブログのRSS

今日の写真ゼミ

月曜日は3回生写真ゼミの日。

授業にお邪魔すると、今日はブローニー判カメラについての説明中でした✐✐✐✐

版画コースでは、2回生の授業で35mmフィルムカメラの扱い方や現像について勉強しますが、

ゼミ生が説明を受けていたブローニー判とは、フィルムのサイズもカメラ本体のサイズも大きなもの。

写真の画質がとても綺麗なので、プロカメラマンに愛用者が多くいるそうです。

北野先生からカメラの扱い方について説明を受けています。

続いてフィルムの巻き取り方について。

撮影が終わったあとは、現像工程に入ります。その為にフィルムを金具に巻き取る作業があるのですが

それがこちら。

真ん中の黒い部分がフィルムです。

◯◯◯

普段学生たちが使用しているのは、これ。

ステンレスでできています。右側のリールにフィルムを中心から溝に合わせて丁寧に巻いていきます。

明るい場所で作業するとフィルムが感光してしまうので、真っ暗な部屋での作業になります。

慣れていないとフィルムが曲がって折り目がついてしまったり、、中々難しい工程です。

が、今日北野先生が学生に説明されていたものが、先ほどの写真のこれ。

内側から巻くのではなく、外側の溝にフィルムを挟んで、

あとは、上部の円を回すと金具がフィルムを巻いていってくれます。

30秒でできてしまいました。なんて簡単!

外国ではほとんどこのタイプだそうです。

☺︎☺︎☺︎☺︎

私の学生時代にもあったら、あの巻き取りに失敗した沢山のフィルムが現像できたなあ、、、と思いながら

授業をあとにしました。

(コイデ)