ブログ アーカイブ
open all | close all
カテゴリー
open all | close all
ブログロール
自己紹介

京都精華大学 版画コースのブログです。 版画コースの授業やコース関係者の展覧会情報、様々なイベントをご紹介します。また、版画技法についても簡単な説明をしています。

SEIKA HANGA BLOG QRコード
携帯から見る
StatPress
Visits today:
Total visits:

RSSこのブログのRSS

『モノタイプ』カテゴリーの投稿一覧

2021年度がスタートしました!

お久しぶりです◯
.
今年は桜の開花が早く、卒業式には既にぽつぽつと
咲き始めていました
.
先週から2021年度の授業がはじまりましたよ〜!
.
新2回生の造形基礎1は、シルクスクリーンを学びます。
..
初回池垣先生のモノタイプのデモ!
.
.
紗(スクリーン)に直接描画し、メディウムを流しこむと
描画したイメージが転写される手法です。
.
.
.
デモのあとは、テストピースの原稿づくり!
.
加納先生によるコピーコラージュ講座ののち、
それぞれがコピー機に向かい、コラージュを作っていました♨︎
.
.
.
.
コラージュをコピーした原稿をもとに、
みんな丁寧になぞっています
.
.
.
このあと、トレースした原稿に
糸などさまざまな素材を重ね合わせ
.製版していました!
.
.
印刷の様子です〜
.
.
出来上がったテストピースと原稿をならべて、
みんなでプチ講評会をしていました☀︎
..

..

ではではまた来週!

..

1回生モノタイプの授業

今日は、台風の影響で朝の授業は休講でしたが、昼からは通常通り授業が行われています

一回生のモノタイプの授業の様子お伝えしますねー!!

モノタイプとは、、「mono=1枚だけの、type=型、版」の名のとおり原版1枚からプリント1枚だけを刷る版画のことをいいます。

アクリルやガラス、金属、木などの素材の上に絵の具やインキなどで直接描画し、紙を置いてバレンやプレス機でプリントします。

通常の版画では枚数を刷ることが(エディション)求められますが、モノタイプは1点だけのプリントなので 実験的な作品に挑戦することができます。

アクリル板の上に直接物を置くこともできます。写真は凧糸を置いているところ

こちらはアクリル板の上にインクを置き、ヘラでのばしながら、マチエールを作っていますねー

指で叩いて指紋を残した版。

ヘラで虹のような形を作っていますねー

刷りあがったものはこちら。おもしろいマチエールが出ていますねー♘

また続きお伝えしますねー!!

春一番!  

今日は関東と四国に「春一番」が吹いたと気象庁より発表されたそうですね

精華大学周辺でも暖かい風が吹いていました

今日はそんな春を感じさせてくれる先日の様子をお届けします

AO合格者対象スクーリングの様子 です

版画コースでは入学前の準備として、AO合格者へ対して数回のスクーリングがあります

それは、入学後にスムーズに大学での学びに慣れてもらう為のものです

実際に大学へ来ていただき、デッサンをして基礎を磨いたり、施設を使用しての本格的な実習もあります

今回は、シルクスクリーンモノタイプを体験していただきました

シルクスクリーンモノタイプとは、、

シルクスクリーンで使用する紗枠(スクリーン)に直接描画し、メディウムで刷る技法のことです

版画技法を使用しながら、モノタイプ1枚1枚違う作品が刷られます

まずはパステル、水溶性の色鉛筆、鉛筆などで描く✍

シルクスクリーンと同じ要領で刷る!

何回か刷ることで思ってもみなかった絵柄がでてくることも

徐々に変化が…

シルクスクリーンを初めて経験する人ばかりでしたが、みなさん楽しそうに制作していました

最後は額装してお持ち帰りいただきます

記念撮影!!!

春はもうすぐ! 新しい版画メンバー 4月にお会いできるのを楽しみにしております♪♪

絵のような

こんばんは。
先日、パブロ・ピカソの未発表作(絵画やコラージュ)271点が南仏で発見されましたね。
本物であれば総額6000万ユーロ(約66億円)相当とされているそうです。
ピカソは作品数が多い事も有名ですが、どんな作品なのでしょうね、気になります✰ 
   
1回生/モノタイプ

前回、単色刷りの様子をお送りしました。
<9/23>
   

今はどんどんと多色刷りの作品制作をしています✬
  

アクリル板に油性インクで絵を描く用にイメージを作ります。 

筆、ローラー、布、爪楊枝、綿棒など、いろいろ使える

こんな感じに。

マスキングをすればイメージのまわりをシャープにできますね

エッチング用プレス機の圧力の調整をなさっている集治先生

湿らせた紙をおき、当て紙をして、プレス機を回す。

ほら!アクリル板に描いた通りに紙に写し取られるでしょ^^

ドライラックで乾燥

⁺∗1枚だけ✧∗⁺

☆こんばんは★
秋分の日、皆さんは如何お過ごしでしたか?
ついこの間まで夏っぽかったですが、今日は昨夜からの雷雨に伴って
♣すっかり秋の気配を感じる一日でしたね♣
  
1回生/モノタイプ
  

《モノタイプ》
版となるアクリル板等に直接インクなどの描画材でイメ−ジを描き、その上に紙をのせ、プレス機で圧力をかけて刷ると、版に描画したイメージが紙へと転写する版画技法。
モノプリントとも呼ばれる。
大きな特徴として、
モノタイプの「モノ」はギリシャ語であるMONOS(モノス)から由来し、
この技法では、版から同じイメージが一枚しか刷れない。
版画でありながら、唯一性がある。


✪アクリル板に版画で使う油性インクを用い、
ローラーや筆で描画。
 

✪一度描いた箇所を溶剤で落としたりしながらイメージを作り込んでいきます✪
  

エッチング用プレス機で刷ります。
  

✳ペロ〜ン✳
 
 

刷れました♡
  
今日は単色刷でしたが、
✦多色刷り(カラー)もどんどんしていきます✦

✶受験 2日目✶

AO入試 1期  ワークショップ2つ目
木版画:《木版コラグラフ》を行いました。
コラグラフとは
✷コラージュするように作る版画✷

コラージュ:台紙に表したいものを様々な素材を切ったり、ちぎったりし、貼り重ねてつくる。
木版コラグラフの場合は土台に板を利用し、彫りを加えたり、
色々な素材を張り付けたり、版材にニスやジェッソを付けたりして凹凸をつくり、
その凹凸にインクをつけて刷ることができる。

版を作る時も工夫次第で何でも取り入れる事が可能

刷る時もインクの種類や、インクを付ける方法も筆でもスポンジでも、色んなものが使えます❃
 
☝左側;ダンボール、寒冷紗 (紙、ヒモ、レースなど版材は何でもOK!)
左奥;タンポ (刷る時に使える。スポンジ、筆なども)
右手前;彫刻刀各種 (木版ならでは、彫りの調子が作れる)
右奥;はさみ、ボンド、糊 (素材を切ったり、貼ったりする際に使う。ボンド,ジェッソ,ニスはマチエールになるので色々使える)
 
この技法は一度刷ると2度と同じものを刷る事ができないも特徴の一つので、
モノプリント<モノタイプ>に分類される。
モノタイプとは
版に直接インクや絵具などを用いて描画し、その上に紙をのせて圧力をかけ、イメージを紙へと転写する版画技法。
モノタイプの「モノ」はギリシャ語のMONOS(モノス)から由来していて、「ただ一つの」という意味を持つ。

    
 
 
▼作品例▼

栗本佳典

 
黒木美希
木版画・コピーによる和紙のコラージュ
 

安田 彩
コラグラフ

絵➔版画

今日はいいお天気でしたねぇ〜♧♧

<紹介しきれてない授業風景 モノタイプ編>


しろくまが浮き出ている。

アクリル板にクロインクをのせてから
インクを取るように描いてます*

アクリルで見た感じと刷り上がりはちがうもの。


女の子が見える。

納得いかなかったのでしょう、
見比べながら
もう一度!

◆一番緊張する瞬間◆

どう?どう?


こっちもプレス機をクルクル◎


素早くドライラックへ!

んー
出来栄えはどうだったんでしょうね。

あんまりか!? 成功か!?